@ Artspace Kiten with Megumi Miyabo

January 21, 2018
8:00 pm
Koto-ku, Tokyo, Japan
Artspace Kiten
@ Artspace Kiten with Megumi Miyabo

水のトーテム

宮保恵+andré van rensburg

2018年1月21日(日)
開場 18:30
開演 19:00

料金2千円

川の形は水底で決まり、器が水の形を作る。
『水のトーテム』と言う名称が先に
浮かび、二つの記憶が追随し、お湯が湧く音がする。

僕の行いたい美術はそんなに手の込んだことではなく、いつでもどこでも、お茶を沸かすように誰にでも出来ることでありたいのです。

美術が水を通して、存在を経過するその、あまりにささやかな、おぼろげな追憶はここでは明らかに致しませんが、追憶を通して、1月の始めから終わりまで、東陽町.kitenにて水や水以外を使った可変的なインスタレーションをさせていただきます。

この機会に是非.kitenをお見知り置きくださいませ。たくさんの方々にご出演していただきますので、ご都合宜しければ、ささやかな、然しこの根源的な出来事にあなたのからだでお立ち会いくださいませ。温かなお茶をご用意致してお待ちしております。

インスタレーション、総合企画 
 塚本よしつぐ

宮保 恵(Miyabo Megumi)
ダンサー。
国立音大在学中にミュージカル劇団に所属。クラシックバレエ、モダンダンス、コンテンポラリーダンスを始める。
05年ソロ創作活動開始。
ダンサーとして様々な振付家の作品に参加しながら、即興にて音楽・映像・美術とのコラボも行う。
近年は都内スタジオにてコンテンポラリーダンスの指導にもあたっている。
身体は楽器。空間に音を紡いで描いていくように踊りたい。

André van Rensburg
アンドレ・ヴァン・レンズバーグは南アフリカ共和国出身の演奏家、作曲家、演出家。
様々なアバンギャルド作品を手がける多作の作家である。
90年代に南アフリカで音楽活動を始め、以来ヨーロッパ各地、台湾、日本、
ニューヨークにてパフォーマンスやレコーディング、サウンドインスタレーションを
行っており、実験的演劇・ダンス及び映像を数多く手掛けてきた。
南アフリカにおける実験的ダンス・音楽界へ貢献で知られ、
彼個人のスタイルは不協和音、予想不可能な構造を駆使した伝統美の追求に特徴づけられる。
古い微分音楽への趣があり、そういう意味では古来より日本・欧州を問わず研究対象とされてきた尺八との出会いは必然だったかもしれない。
これまでにソロ、またはグループとして15枚のアルバムを発表。
2016年より東京に拠点を移し、舞踏家やコンテンポラリーダンサー及び
即興演奏家との創作活動に注力している。

●全体スケジュール
 1月5日(金)プレレビュー・新年即興会(仮)
 1月06日(土)宮田徹也
 1月07日(日)万城目純
 1月08日(月)山岡さ希子  
 1月13日(土)山田花乃
 1月14日(日)生野毅
 1月19日(金)秦真紀子+広沢純子
 1月20日(土)川津望+坂本美蘭
 1月21日(日)宮保恵+andré van rensburg
 1月26日(金)田中奈美 
 1月27日(土)久世龍五郎+川村祐介
 1月28日(日)田村のん
詳細は各個別ページで

Share: